島根県

清水大師寺
清水大師寺
©

石見銀山遺跡世界遺産

1526年から博多商人の神屋寿禎によって開発が行われ、鉛を使った灰吹法という製錬方法によって多くの銀を算出しました。16~17世紀前半に全盛期を迎えて世界中に輸出され、当時の世界の3分の1を占めたとされる日本の銀のほとんどを産出したと推定されています。 環境問題のない時代ながら自然に配慮した生産方式が評価され、銀山と炭鉱町、銀の流通を支えた炭鉱や港が2007年世界遺産に登録されました。
上へ

My Clip

気になる宿のをクリックするとになりここに記録されます。